メモ

小西、夜中に起きている。

孤独だ。

しかしながら、携帯電話も捨てることのできない現代で孤独とはなんだろうか?(いやそういう事を考えてるわけじゃない)

さっき友達からの誘いを断ったじゃないか。。

1人になりたかっただけなのに。

寂しい。。

 

海を見に行ったら、寒かった。

ハーモニカを吹いたら虚しかった。

 

いつの間にこんな孤独に耐えれないヤワな体になってしまったのか。(頭、ではなく、これは体。)

 

メモ。

明日になれば、こんな悩み事よりも、起きる苦しさ のたうち回る。

 

 

 

鯖の裏表

こんばんは

小西です。

皆さんは鯖は好きですか?

今はちょうど鯖は脂がのっていて美味しい時期ですね。我が家の食卓にも鯖が並ぶ事がありますが、その時に起こったツマラナイ エピソードを書いてみようと思います。

というのも先日、鯖の塩焼きがお皿に乗って出てきたのですが、私 鯖を突いておると嫁から「そうやって食べるんや」と言われました。

と言っても別に普通に鯖をつついていたものですから「何が?」と聞くと「裏返して食べるんや」と返されたので「?」と思いました。

そもそも、鯖が食卓に上った時、切り身の皮の部分が上でなく、切り身の部分が上で食卓にのぼっていたので、裏返して突いていたというわけでして、それをわざわざ裏返して食べるんや、という意味のようです。

 

…しかしながら、私の認識においては魚というものは、皮を上にして皿に乗っけて盛り付けるというものが常識と思っていたもので「あんたの常識が間違っているよ」と言われた気がして「いやいや、そもそも、これ裏返しに盛り付けてあると思うで」と返したところ「いやいや、普通は切り身の部分を上にして盛り付けるやろ?」とまた返してくるもんで、これはググるしかないと思いポケットからアイフォンを取り出し「鯖 塩焼き」と画像検索して嫁に世間一般というものを叩きつけたわけです。

 

いやはや、こうやって書くと私は実にツマラナイ 男だなと思うのですが、とにかくその時は鯖の裏表問題をハッキリとしておきたかったのです。鯖の盛り付けはコレだ!と言いたかった。

嫁に溢れ出るアイフォンの鯖 塩焼き画像を見せつけてやりましたが「ふーん。でも実家ではそうやっててん…っていうかどっちでも良いやん、」

と言われ我に気づきました。

なるほど。

そうだね。

そうだよね。。。

 

 

拝啓

お袋さん

…おれはツマラナイ 男だなと思うのです。

鯖の裏表なんて、誰が決めたのでしょうか。

そんな事は決まっていません。

そんな事を決めようとしてはいけません。

そしてなんでもググって誰かの正解を探すのはやめましょう!

 

 

 

 

ムーズムズインフォメーション

3/17(金)@拾得 3/18(土)@ムジカジャポニカ ではケバブジョンソンとラブラブスパークとのスリーマンミニツアー!

4/8(土)@磔磔 ムーズムズ企画!お楽しみに!

image

おばあちゃんと赤ちゃん


久しぶりに日記を書くことにした。

というのも、今日は京都のアバンギルドでライブをして、その時にDJの井上くんから「ブログ?面白いね」と褒められたからだ。(井上君というのはアメリカンスピリッツというタバコを吸っている天然パーマのメガネ友達である)
しかしながら、ブログを最後に書いたのは何時だっただろうか?随分と放ったらかしにしていたので、久しぶりにブログの話をされて少々面食らった。

書くのを止めて半年ぐらい経つのか?

 

 

書かなくなった…というのも、何となく「こんなブログ誰が見るねん」という想いがかなり強くなってしまったことが主な原因であるが、(しかしながら、その奥にある深層心理としては、何となくウケを狙って書こうと思った時に、急に面倒くさくなったことが占める。)

こう、なんつーか、ブログ?
言葉で誰かに何かを伝えようとするのは本当に面倒くさいし、ネットの場合は特にどう解釈されるかもわからんので、そういう事を考えるとやっぱりある程度丁寧に書かなあかんやんか、と関西弁で言い訳を含めて本当に面倒くさいのであるからして、でも見てくれている人がいるなら、今日から私は適当に、いや、いい意味で適当にブログを更新しようかなと、否、「しようかな」と言う言い方をすることにより、曖昧さを宣言し、書いていこうとおもうのである。

しかしながら、もう一度言わせてもらうとやはり言葉というのは、ネットなんか特に言葉の本来持つ意味が強すぎて、想いが伝わらないのであると思う。

だからして、私は言葉よりも何かを訴えるものを探している。それが一番 みんなに伝えたいことなのだ。
フィーリング、パッション、そう言った…感情を揺さぶるものを発信したい。それはどうしたら良いのだろう?…ボチボチ考えていこう。(切り替えは早い。)
そういえば最近、自転車で近所をふらふら散歩していると、前からおばあちゃんがベビーカーを押してきた。

私は「あぁ、ベビーカーを押しているな」というぐらいの認識のもとにお互いが近寄ってくると、ベビーカーの中には大きな赤ちゃんの人形が乗っていて、ギョッとした。
なんというか無機質なものがベビーカーという有機的なる象徴の乗り物に乗っているのは、ゾクッとするものがあった。

 

私は「そういう事も、あるよね!ラブ!」みたいなテンションでその場は乗り切って通り過ぎてみたが、やはり、今こうやって書くと、正直、怖えー。

しかし、私の求めるパッションは、まさにその「おばあちゃんと人形の赤ちゃん」的なものであるからして、怖いと同時になんかグッときてハッとしたのである。
そういう正気の沙汰?憧れません?

…というわけで、ムーズムズ 京都での次のライブは

image

 

 

(写真は1年前のもので一切関係ありません)

 

 

3/17(金)@拾得
ラブラブスパークとケバブジョンソンと。

ほんっとうにケバブジョンソンの歌には嫉妬している。メロディ、小生意気な歌詞。
完敗、乾杯であるからして、この日は是非来て欲しい。
そして、またその次の京都は自主企画、磔磔。
4/8(土)

磔磔と書いて、ドームと読む。読まん。たくたくね。(気の利いた読み方求む。)
自主企画ですからして。

出演者が本当に本当に本当にヤバイ。
ヤバイという言葉の意味を考えて欲しい。

来て!
これはもう、このブログを見て来ない人はナマハゲの格好して獅子舞で踊りに行くからな。
4/8
本当に空けといて、本当に。

4/8頼む。

頼む。
…すごいブログになったな。コレ。

衝動と秋の終わり

3歳年下の妹がいて

ちょうど僕が2歳と6カ月の時にお腹の大きいお母さんの具合が悪くなって入院して、親父の仕事の都合上、従兄弟の家に預けられた。
「はびきののおじちゃんち」
と僕は呼んでいて、そこに1年ほどいた訳らしい。

「らしい」というのも子供だからあんまり覚えていないのだけど、今更になって久しぶりにはびきののおじちゃんちにいってそういう事が分かった。

そん時の記憶が唯一あって、玄関出たところから遠くに高速道路が見えて、子供ながらに切ない風景だな、という記憶だけが何故か残っている。

という、別にオチもない話なんだけど。
何故こんな事を書き出したのか?わからないけど、なんとなくそういう事を今ボンヤリと夜のコンビニ前で思い出している。

体験が自分の中でどのように影響して今を生きているのかわからないけど、当たり前に経験の中で今の人生があって、それぞれになんかしら…。(毎回毎回ドラマチックじゃないけど)

もしかして、そういう、その時強烈に感じた感覚を一生懸命取り戻そうと、ぶち壊そうと音楽をしているのかもしれないなと思いました僕は。
いや、そういう事じゃないかもしれません。酔ってるし。わけわからん事を書いてます。

しかし、コンビニから帰るとそんな事は忘れてしまいます。
家には家族がいて、そんな事は忘れてしまいます。
「あー、何か、この感覚が心の隅の隅に行ってしまう〜」
さようなら〜

小西でした。
以下はライブ情報です。

 

 

11月4日(金)@拾得
19時スタート
1500円
w:ナカジンwith千手

(久々の2マンです。長くやります!)

 

12月3日(土)@大阪の東心斎橋CONPAS

「こんがりおんがく会」

こんがりおんがくレーベルの方々が大集合の日になります!

ゲスト:あふりらんぽ

 

そしてムーズムズ今年最後のライブは

12月11日(日)@ネガポジです。

何かしら産まれます。

 

 

で、また来年になるなぁ。

image

 

 

 

結局ドラマチックな一年になるわけです(写真は一年前です)

いなか

ムーズムズでの小西です。

先月、田舎に帰った話をした。(ブログで書いたっていう事です)

その時の事を今でも思い出しながら感慨深く悶々とすることがある。それは子供の事だ。

田舎に帰った子供は目がキラキラしていて、楽しく過ごしているようだった。とても印象に残っているのが、空を見上げて「あーっ」と飛んでいる鳥に手を振ったシーンだった。

勿論、住んでいる場所には沢山の鳥はいるし、飛行機雲だって見る事がある。でも、そんな事をしたことがなかった子供を見て「うーん」と思ってしまった。

海と空が広がる能登の田舎に鳥が飛んでいく。それはつまり…「あーっ」という事なのだ。

 

今 僕の住む街には、なんでもかんでも有るのだけど、それはつまりどうゆうことなんだろうか?そんな事を考えさせられた。

 

 

 

そして子供はまた今日も真っ赤な夕焼けに「あーっ」と指差し唸っているのでした。

 

そんな事を最近考えてマス。では。また会いましょう。

 

次回ライブ(yatchiのも載せてます)

2016/08/27(土) @渋谷7th FLOOR
OPEN 18:30 / START 19:00
予約 2300円 / 当日 2500円
Ticket
ご予約は出演者、または7th FLOOR電話予約窓口にて承ります。
7th FLOOR(15:00~20:00 tel:03-3462-4466)

ACT:
ムーズムズ / 星ト獣 / 水中図鑑 / Nohtenkigengo

東京の方、是非!!是非!!是非!!

 

9月10日(土)@アバンギルドでは再見のHeiTanakaと盟友 数えきれないの企画にお邪魔します。

『アバンギルドは第2のドバイ』

ACT

Hei Tanaka
ムーズムズ
数えきれない

◇ OPEN 19:00 / START 19:30
◇ adv. 2500yen + 1drink / door. 3000yen + 1drink

京都では久しぶりのオリジナルムーズムズー!この日がキター!!!

 

yatchiのライブもありますよ!

 

8月28日(日)@ネガポジ

「fallin’ cloud vol.2」
吉田省念 / yatchi(ムーズムズ)
OPEN 18:00 / START 19:00
adv.2000 yen
door.2300 yen

 

9月4日(日)@喫茶ゆすらご
「yoji 企画」

出演
yatchi(ムーズムズ)
寺田燿児(yoji & his ghost band)
折坂悠太

料金:1500円+1ドリンク
17:30開場/18:30開演
※限定25人

 

来てね!

リポビタンA

小西です。

 

8月になってやっと夏本番という暑さになってきた。

「そうそう、夏ってぇのはこうでなくっちゃいけねぇや」と無意識にべらんめえ口調になりますなぁ、と誰に問いかけるでもなく景色を眺める。

そして夏といえば、私は今年もまた石川の能登半島のおばあちゃん家に行ってきた。

毎回帰るたびにおばあちゃんからは「ヨレヨレしたtシャツを着てたらアカン」「髪の毛は自分で切ったらアカン」「もっと太らなアカン」と怒られるのだが、今回も同じ事を言われた。俺はそれをビール片手に聞いてデジャブを感じていた、そして、その横ではオカンがリポビタンDの事を「リポビタンA」と間違えながら何か長い話をしている。その隣で子供が泣きじゃくる…そんなカオスな田舎が俺の夏の始まりだったと思ーう。(虎舞竜風に言うてみる)

と、とにかく夏はそんな事やあんな事をひっくるめて突然にやってくるのであるからして、思い出は早めに作るのが良い。どうせ「暑かったな」の一言に集約されるのだから…

 

というわけで、そこのアータ(貴方)

 

明日『8月6日(土)ムーズムズは西院ミュージックフェスティバルに出ますよ!@ネガポジ 21時15分〜』http://saifes.dip.jp/

※ドラマーはsuzmenbaより太田泉ちゃんを迎えて!

 

暑い夏の夜はスキだらけのカッコでフリーのライブ見ながらビールを「グビリ」が一番でさ。だんな。来てくだせぇ。

 

そして夏の終わりには東京に

2016/08/27(土) @渋谷7th FLOOR
OPEN 18:30 / START 19:00
予約 2300円 / 当日 2500円
Ticket
ご予約は出演者、または7th FLOOR電話予約窓口にて承ります。
7th FLOOR(15:00~20:00 tel:03-3462-4466)

ACT:
ムーズムズ / 星ト獣 / 水中図鑑 / Nohtenkigengo

※ドラマーフグチン復活!

来てくだせぇ。

そして夏の暑さよもう一度!

9月10日(土)@アバンギルドでは再見のHeiTanakaと盟友 数えきれないの企画にお邪魔します。

『アバンギルドは第2のドバイ』

ACT

Hei Tanaka
ムーズムズ
数えきれない

◇ OPEN 19:00 / START 19:30
◇ adv. 2500yen + 1drink / door. 3000yen + 1drink

 

…と貴方の夏にムーズムズいかがっすか?

image

長い夜

フグチンが鎖骨を折って数ヶ月が経った。
最初、聞いた時はかなり動揺したが今ではそれは当たり前のようになり、私自身もなんとなく音楽を聴いたりする時間が長くなり、本を読んだりして 演る側の人間では無いような時の過ごし方をしている。
フト立ち止まって遠くをながめてみると、色々な物が見えてきて、「ぁあそうか。そうなのね。」と頷いて、わかった気になり、こういう時間が取れた事に不思議と感謝している自分がいるのであるからして不思議である。

不思議、不思議と言いますが、結構人生ってのはこういう不思議で成り立っているものなのであると思うなうなのである。

230年前に土佐の長平さんという方が乗っていた船が難破し無人島に辿り着いた。
その島はアホウドリしかいないので、食べ物はアホウドリを主食とし、貝や魚を食べて14年耐え忍んだという…(のち、色々あって日の本の国に戻る事が出来た)

アホウドリを食べ続けた事により、晩年は米などを食べても胃が受け付けなかったらしい。

↑全然関係ない話を挟んでみた。

 

 

話は変わるが、先日 車で数人と運転しながら遠出をした。
夜通しドライブをして疲れたので少し休もうという事になり、片田舎にあるコンビニの広い駐車場で車中休憩をとっていた。

私はタバコを吸うために、1人車を降りると少し離れたところで「ブーーッ」と屁をかました。
もちろん、みんなは車の中にいるので聞こえてはいない。
「ブーーッ」と屁を出すと、思いの外次々と屁が出る。

 

「ブー」「プー」「プッ」「ぷりっ」

 

…と、よくまあバラエティ豊かな屁が出るもんだ、面白い程出るゾ!と息巻いて屁をこいていた。

ドライブは知らない人間も一緒に乗っていた事もあり、緊張の糸がほぐれたのだろう。

朝に登る太陽に感謝、ありがとう!と呟き、屁を思う存分こいて車に戻ると車の窓が開いていてスンゴイ気まずかった。
「えぁおゎえぇー」(心の声)

俺はこれからどうして生きていこうか?
とりあえず、ムーズムズの次のライブが決まっております。
以下

●8月6日(土)
「西院ミュージックフェスティバル」
ムーズムズはネガポジにて出番は最後。投げ銭。イベント自体はお昼より〜、イベントは7日もあります!※詳しくは西院ミュージックフェスティバルのホームページをご覧ください。
(この日はまだフグチンドラムではありません。スズメンバより太田泉くんがドラムにて参加してくれます。この特別な体系でのムーズムズを是非ご覧ください)

●8月27日(土)
@東京渋谷7th FLOOR
久しぶりの東京。東京では前々からお世話になっているミヤジさんのブッキング。面白そうなバンドとご一緒させて頂きますので東京の方は是非きてちょんまげ!
(このイベントからフグチンドラムが復活する予定でございます)

●9月10日(土)
京都・UrBANGUILD
HeiTanaka & 数えきれない Presents
「アバンギルドは第2のドバイ」
前売 2,500 円 / 当日 3,000円 (+1D)
OPEN 19:00 / START 19:30

出演
HeiTanaka
ムーズムズ
数えきれない

(HeiTanakaさんとは二回目、京都では初めての共演となります。数えきれないとはタワレコでのインストアライブ以来!3組のパワフル且つ不思議な音楽を体感しに来てチョンマゲ〜からのモヒカンっ!)
先の話になりますが

●10月10日(日)
「五条音散歩」
@磔磔
という楽しげなイベントにも参加する予定です!
…というわけで、訳のわからない話をして申し訳ございませんでしたが、これにて失礼致しまする。

さよなら〜
ムーズムズ小西雄

鎖骨sakotu

お疲れ様です。ムズ小西雄です。

5月28、29日にムーズムズをご覧になられた方ありがとうございました。
ドラマーふぐちん君が「鎖骨」「骨折」という事で、→代打 太田かずなり君が代わりにドラムを叩いてくれました。
28、29日のライブの為に短期間みっちりと太田くんとスタジオに入り、積み重ねて積み重ねて積み重ねて来たものを…見事にぶち壊す!…本当に見事にぶち壊す(最高に良い意味で)ドラマー太田君。

そういう太田君の人間力には本当に影響を受けました。

ありがとう太田くん!君は最高だ!見られた方、良かったね!

 

 

image

…という訳で見てない人にはさっぱりなお話でした。

 

 

次回のムーズムズライブなのですが、たまたま6月7月はライブを入れておりませんで、次回は8月6日の西院ミュージックフェスです。

 

 

次は皆んなが大好きなふぐちんが復帰か⁉︎

乞うご期待!

 

 

では。この辺で。

ムズ小西雄

お知らせ

ごぶさたしてます。
ドラムのふぐちん渡辺です。
ライブが近づいてきてますね。
5/28(土)UrBANGUILD
5/29(日)HARD RAIN
ケバブジョンソンがやってきます。

そんな中、

先日わたくし
左鎖骨

骨折。。

人生初骨折です。

もちろん
腕は上がらないので、
当分ドラムは叩けない体になってしまいました。

ラヴスパかずしくんとVo.こにしくんが仕込んでくれた渾身のイベントに穴を開けることになってしまいました。
他にも各方面に多大なご迷惑をおかけしました。
楽しみにしていてくださった方々、ほんとに申し訳ございません。

今回のイベントは、太田かずなりくんに代理ドラマーをお願いしてます。
好きなドラマーです。
これはこれで必見です。
とりあえずしばらくはしっかり治療して、
またドラム叩きたいです。
1からやり直します。

今後ともムーズムズをよろしくお願いします。

☟☟

5.28(土)@UrBANGUILD

「torch songs」

ケバブジョンソン(東京)
ムーズムズ
ラヴラヴスパーク

開場 19:00 開演 19:30
料金 前売2,000/当日2,300円 + 1drink

UrBANGUILD
075-212-1125
京都市中京区木屋町三条下ルニュー京都ビル3F

☟☟☟

2016年5月29日(日)@梅田ハードレイン
『地下室日和』
ムーズムズ
ラヴラヴスパーク
ケバブジョンソン(東京)
Un Jardin Brun
The hulahoops
Turquoise Green
ニコラス
open17:00start17:30
adv1,800 door2,300ドリンク別

☟☟☟☟

image

ムーズムズ、ムーズムズ関係スケジュール

 

ムーズムズ出演イベント

 

■5月28日(土)@UrBANGUILD [三条木屋町]

「torch songs」

ケバブジョンソン(東京)
ムーズムズ
ラヴラヴスパーク

開場 19:00 開演 19:30
料金 前売2,000/当日2,300円 + 1drink

UrBANGUILD
075-212-1125
京都市中京区木屋町三条下ルニュー京都ビル3F

 

■5月29日(日)@梅田ハードレイン
『地下室日和』
ムーズムズ
ラヴラヴスパーク
ケバブジョンソン(東京)
Un Jardin Brun
The hulahoops
Turquoise Green
ニコラス
open17:00start17:30
adv1,800 door2,300ドリンク別

 

 

ムーズムズ関係、関係者スケジュール

 

■『こんがりおんがく祭2016』(ムーズムズは出演しておりません)

2016年5月7日(土)OPEN 10:30 / START 11:30
会場:大阪府 大阪城野外音楽堂
出演:
LIVE:
銀杏BOYZ
スチャダラパー
二階堂和美
トクマルシューゴ
赤犬
neco眠る
オシリペンペンズ
DODDODO BAND
DJ:
角張渉(カクバリズム)
DISTEST
似顔絵:
大橋裕之
鈴木裕之
ゲスト:あわじい
司会:ナイトサパーズ
料金:前売4,500円(ドリンク別)

 

■由良部正美マンスリーダンスセッション(小西雄がギターで参加予定)

5月10日(火)@スペースALS-D 京都市北区紫野南舟岡町38-23

みる・きく・おどる どんな参加も自由な毎月10日のリーラ(基本ダンスセッションですが、参加せずに見る事のみも可能です)

ソロダンスタイム 由良部正美
DJ 白石哲

料金 予約1500円 当日2000円

予約 yurayura5@nike.eonet.ne.jp  由良部
20名ほどの定員です。なるべく早くご予約下さい。

 

■5月14日(土)「黄金の館 no.27」(ムーズムズは出演しておりません。ドラムス、鍵盤の参加)

@京都:拾得

「黄金の館 no.27」吉田省念マンスリー企画
5月18日にリリースのニューアルバム「黄金の館」
の先行発売!
music:
・吉田省念バンド
吉田省念 vo,g
谷健人(Turntable Films) bass
渡辺智之(ムーズムズ) drums
Yatchi(ムーズムズ) piano
open 17:30 start 19:00
charge ¥2000(当日のみ)

 

■6月2日(木) @solecafe(鍵盤ヤッチのソロ)

18:30 OPEN / 19:00 START

出演 王舟、マッティア・コレッティ(イタリア)、yatchi(ムーズムズ)

前売御予約¥2500 当日¥3000(共に1D別) *店メールフォームにて受付中!(solecafe.jp/inquiry/)