寝屋の川

こにしです

祭りに行くため実家に帰ったのに、悪天候のため中止やった。    ぼんやり引き返す道すがら、幼少時代の記憶がぼんやり浮かんでは消えていく、この感じなんとなく疲れた。

沼、坂道、フナを釣った川。

めちゃくちゃ広いとおもってた広場を大人になって見た時、すげー小さく見えたやん

思い出修正されるのって、もったいないなって少し思った

 

IMG_0113

 

落し物とかはしない人

どうも こにしです

 

灯台に行った。海も見た。夕日も見た。

夏が今年もおわるIMG_1516

ぜ。

あまちゃんも、おばあちゃんの夏ももうすぐ おわる

IMG_1509ぜ。

夏はどうでしたか?

 

 

 

やるかやめるか

手紙をかく 自分に書く手紙みたいなブログなら簡単に書ける
送信して 一瞬で手元の携帯が鳴る
メールみたいなブログ

どうも 小西です

いろんなことに絶望しても 絶望することがナルシストに感じて絶望することもままならないわけです     ぜんぶやめたらとかよく考える でもぜんぶやめるってスッキリしないだろうなぁ

でもこの中途半端どうにかしたい

完璧にしたいから、希望だけをヅルヅル引きずってる  っていうのが多い でも実は死んでる我が子を抱いているという感じ こうゆう例えはナルシストか?

俯瞰で物事を見る奴って嫌いやで俺!

 

 

共感できるから面白い

こんにちわ

小西です

 

落語とか、時代劇とか見ると100年、200年前の人間も同じ様な感情を持っていたのだなぁという事をしみじみ思う
200年も前の人と同じ様な感情を共感出来るという事が落語の醍醐味の一つである。と、そういう事を考えてみたら、あと100年生きたら300年前の人間の話が聞けるという事か!なぁんて馬鹿な事を考えたりしている…
しかしこの先、より高度な文明を持ったとしても、人間の心自体は成長しないという事なのだらうか?
その昔

「宇宙人は何故に地球を侵略しにやって来ないのか?」という話の中で誰かが言ってたな…

「宇宙人は超高度な文明を持っているので戦争などはしない」

…という話を今思い出している…

高度な文明を持つ事により、憎しみや悲しみ、不安を解決してしまった宇宙人には落語は面白くないだろうなぁと思うのだった

おわり

ライブ情報130811

img0412013/08/11(日)

@UrBANGUILD「あやとり企画 大演会其の一 ナイトサファリ」

18:30/19:00

¥2500-(ドリンク代別)

w/あやとり/夜の夢(東京)/?(クエスチョンズ)/焼きそばくんとワンタンちゃんたち

CDジャーナルに載りまして・・・

ムーズムズがCDジャーナルのりまして、嬉しい限りです。

本誌の中の「あたらしいローカルおんがく」というコーナーで紹介してもらってます。neco眠るの森君、ほーぷ軒の杉本さん、ライターの松永さんの記事の内容など、とても面白いので、是非、書店でチェック!してね。

IMG_1449

sakyouku

仕事上がりの左京区

あの人もこの人も、僕の好きな多くの人は左京区に生存しており、やはり左京区は特別な場所に思える

今日は会いたいと思っていた人には会えなかったが、偶然の出会いがあった

それはそれがイイ 左京区はそれもイイ

コーヒーを呑みながら、「フェイスブックで僕が政治を語ると全くイイネがつかない」件を語る、笑いをとる。音楽の話などする。その人その人にあった言葉の意味がある、、僕の言葉は軽いなぁ、と思う。んで,もしかして軽くてイイね!かもしれない。

のち
中京区に帰り、森林食堂というカレー屋さんに行く

今度、そこでメキシコ雑貨展があるらしい、ガボールという喫茶店でもあるらしい…
メキシコ雑貨って凄くカッコいいぜ!と思いながら、スピーカーからはタイマーズが流れていた

おわり

 

 1044438_414230575359691_1882754352_n